information

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

バネ指には…

バネ指(爆弾指) 狭窄性腱鞘炎

 

指を曲げたり(屈曲)あるいは、伸ばしたり(伸展)しようとすると、途中でひっかかったように動かなくなり、無理に力を入れたり他動的に動かそうとすると、バネ仕掛けのように突発的に屈曲あるいは、伸展の動作が起こるもの(弾発現象 だんぱつげんしょう)をいい、弾発指とも呼ばれています。

 

腱鞘炎は慢性化すると、腱鞘が肥厚して狭窄を起こし、腱の動きを狭窄するようになります。狭窄性腱鞘炎とも言います。

狭窄性腱鞘炎の代表例が、バネ指(指の屈曲が阻害され、曲げると伸びなくなり、無理に伸ばすとパチンと急に伸びる状態)です。

ばね指の治療風景

バネ指は腱鞘炎などの手指の屈筋腱と腱鞘などの周囲組織の狭窄(きょうさく)性の異常によって、滑らかな動きが障害される事によって起こります。

機能障害だけでなく、手根管を通る神経が圧迫され、いろいろな神経障害(知覚異常や麻痺)が生じると手根管症候群と呼ばれます。

手をよく使う人や、女性によく見られます。

 

世田谷指圧治療院てのひらでは手根管症候群や腱鞘炎、バネ指など、腕や手のトラブルを頸椎(首の骨)の歪みや、腕の付け根の肩関節から指先までを指圧し、調整いたします。

はじめまして

院長のごあいさつ

  世田谷指圧治療院  てのひら代々木駅前店

☎︎ 03-3417-7314

東京都渋谷区代々木1-37-7

勝栄ビル306

 てのひらブログ

sho06.jpg