information

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

じめまして

どこに行っても治らなかった腰痛を改善させる治療院

世田谷指圧治療院 てのひら代々木駅前店です!

 

院長の宮下 雅俊です。

  

ニックネームは

『ジェットミヤシタ』と呼ばれています。

 

どうして、私が治療家という道を選んだかと申しますと

実は、私も人生の半分を「腰痛」、「肩こり」、「頭痛」に

苦しんだ一人でした。

 

そんな私を痛みから解放してくれた一人の治療家との出会いが

私の人生を大きく変え、今の自分がいます

 

 

   

股関節亜脱臼で腰痛に苦しんだ幼少期から青年期

 

僕が5歳の時には腰痛があったという話をすると、患者さまや皆様に本当にびっくりされます。

 

生まれて6ヶ月検診のときに、股関節亜脱臼が見つかりました。

 

母親の熱心なケアで

約1年間もの間布おむつを何重にも巻き固定し、手術を受けなくてもすみました。

 

ところが、

物心がついた5歳の時には、腰痛、頭痛、肩こりの自覚がありました。

視力もひどく落ちていて、遠視、乱視、斜視。

 

小学校に上がる前には、

牛乳瓶の底のように分厚いレンズの眼鏡をかけていました。

ついたあだ名はメガネザル。

いつも、人から悪口を言われているようでとても嫌な思いもしました。

小学生の時には、

頭痛のひどく、鎮痛剤が手放せない日々。

中学生の成長期には、

ひどい腰痛に悩まされ、毎晩、母親によもぎ蒸しで腰を温めてもらいました。

高校生になると、

腰の痛みと、足の痺れから通学途中に一歩も歩けなくなることもしばしばありました。

 

小学生の頃から、近所の整骨院、整体、骨盤調整など様々な治療を受けてきましたが、

その時は少し楽になっても、完治はしませんでした。

 

物心ついた頃から、痛みや違和感があることが普通で

腰を押すと、グリグリとシコりがあり、

痛みが完全になくなるなんて考えることもなくなっていました。

 

自分が健康になることをあきらめていたことさえ知りませんでした

   

  

  

痛みのない世界

 

 

痛いしかなかった幼少期〜青年期を経て 二十歳で就職。

 

就職した会社で何度も転勤して、22歳の時に岐阜県高山市へ。

毎朝カーテンを開ければ、

日本アルプスを眺められ奥飛騨温泉郷など自然あふれる環境は最高でしたが、

  

初めて地元北海道から離れたことで、精神的なストレスがかかったのでしょう。

顔中に吹き出物がでて、化膿したう膿みが頬をしたたり落ちるほどひどくなりました。

しばらく皮膚科にも通い続けましたが、いっこうによくなる気配がなく、

心配してくれた会社の寮母さんが、

 

「いい治療家の先生がいる、試しにいってごらん」

 

はじめて本物の治療というものを経験します。

治療を受けた後、なにか大きな変化があった訳でもありませんでしたが、

親しみやすい先生の人柄と、

何となく伝わってくる、先生の自信みたいなものに惹かれて、

仕事が休みの度に通い続けました。

 

そうして、五回ほど施術を受けた翌日

いつも通り仕事をしていると、

いつも感じている、「腰の疼き」、「腰の痛み」、「腰の違和感」が無いことに気づきました。

あれ?そんな訳は無いと思い、腰をひねったり、腰を曲げたりしても痛くない。

 

痛くない!

 

いたくない!

 

イタくないー!

 

人生で生まれて初めて『痛みのない世界』を知ることになったのです・・・。

  

人生とともに いつもそこにあった痛み。

この痛みのせいで

自分は人生でいろんなことをあきらめていた

痛みから解放されて初めてそのことに気づいたのです。

  

  

もしかしたら、自分と同じように苦しんでいる人がいるかもしれない。

自分さえも気づかないうちに、痛みから人生をあきらめている・・・

そんな方を一人でも多く救いたい。私はそんな使命を持って患者様と日々向き合っています。

 

 

院長プロフィール

 

 

宮下雅俊(ジェット)

 

◆あん摩・マッサージ・指圧師

◆ハワイ大学医学部解剖学ゼミナール修了

◆日本指圧学会 理事

 

東京都世田谷区在住

42歳 既婚 二児の父

 

北海道出身

 

幼い頃より

慢性的な腰痛・頭痛・肩こり・視力低下など数々の不調を抱え

鎮痛剤を常用するなど苦しい子供時代を過ごす。

 

しかし、ある一人の治療家との出会いで、

幼い頃から『痛い』ことが当たり前の人生から、

『痛み』のない世界観を初めて知り 人生が激変したことをきっかけに仕事を退職。

治療家を目指す。

 

指圧の創始者 浪越徳治郎が設立した『日本指圧専門学校』へ入学。

新聞奨学生になり、学費を稼ぎながら3年間勉学に励み、

あん摩・マッサージ・指圧師の国家資格を取得。

 

卒業と同時に結婚。

 

第二子が重度の先天性消化器疾患を抱えて誕生。

我が子の危機的状況をその指圧で何度も救ってきた中、

「指圧の心母心、押せば命の泉沸く」という浪越徳治郎氏の格言のごとく、

「指圧で命が救える」ことを我が身で証明した。

 

『どこに行っても治らない腰痛』『手術しか手が残されていないヘルニア』

を完治させていく指圧を提供し続け、

 

また、『医者から完治は難しいといわれている疾患』なども得意分野としている。

 

 

趣味は家族サービスというハートフルな一面もあり、

同業者からの信頼も厚い。

 

はじめまして

院長のごあいさつ

  世田谷指圧治療院  てのひら代々木駅前店

☎︎ 03-3417-7314

東京都渋谷区代々木1-37-7

勝栄ビル306

 てのひらブログ